市川が誇る梨職人の技

梨の歴史200年。先祖代々受け継がれてきた味は最高傑作として梨職人の手によって一つ一つ丹念に作られます。
デパートやスーパーで出回ることのないこの梨は、梨の町市川の地元でのみ入手できる希少性が高い品物です。
梨については舌の肥えた地元の梨通から「1番うまい!」と評されるその味は、絶妙な硬さの果肉ととても上品な甘さ、そしてすこしの酸味が飽きることなく頬張ってしまうような一品となっています。

こだわりぬいた「品質」

味だけでなく、丸く形も良く。果皮に張りのある色艶やかな最高級品のみお選びさせて頂きました。
暑中見舞い・お中元・ギフト・贈答用としてはもちろん、ご家庭用としてもお使いいただけます。

幸水ってどんな梨?

幸水(こうすい)は赤梨系の早生種で、和なし生産の34%を占める最も生産量の多い品種である。8月中旬から下旬である。ただし、収穫時期が短い。
園芸試験場(現、果樹研究所)が1941年に菊水に早生幸蔵を掛け合わせて作り、1959年に命名・発表された。早生種の中でも特に収穫時期が早く、赤梨系だが中間色(中間赤梨)と言い、若干黄緑色の地色が出る。


商品カテゴリー ご購入の前に